楽天モバイルアンリミット!!!

楽天モバイル、UN-LIMITプランをひたすら解説するブログ

【楽天モバイル メリット/デメリット/長所/欠点/良いところ/悪いところ】楽天モバイルで、後悔しないために。UN-LIMIT(アンリミット)は、魅力的!

↓楽天モバイル申し込みは、公式サイトから↓

Rakuten Handが実質0円になるキャンペーン開催中!

楽天モバイル

2020年7月11日更新

楽天モバイルのRakuten UN-LIMITプランは、「データ使い放題」「通話し放題」「2年縛りなし」といった特徴ばかりに目がいって、その他の細かい部分は見逃されがちです。


このページでは、そういった細かい部分も含めて、Rakuten UN-LIMITプランのデメリット(注意点)、メリット(魅力)を紹介します。

Rakuten UN-LIMITプランのデメリット

まずは、Rakuten UN-LIMITプランの注意点、デメリットを紹介します。

楽天回線エリアが狭い

楽天モバイルUN-LIMITプランでデータ通信が使い放題になる、楽天回線エリアは、ドコモ、AU、ソフトバンクに比べればまだまだ狭いです。


詳細な楽天回線エリアについては、こちらのページで解説しています。

rakuten-unlimit.hatenablog.com


楽天回線エリア外では、5GB/月の制限がある

上で紹介した楽天回線エリア外(パートナー回線リア)では、データ容量5GB/月(国内)までという制限があります。


5GBを超えると、通信速度は1Mbpsに制限されます。


海外では、2GB/月までで、2GBを超えると128Mbpsに制限されます。


対応機種が少ない

Rakuten UN-LIMITプランは、対応機種(公式に動作が確認されている機種)がまだまだ少ないです。


この記事を書いている時点での対応機種は、以下のとおりです。



シャープ
・AQUOS sense3 lite
・AQUOS sense3 plus
・AQUOS sense3
・AQUOS zero
・AQUOS R2 compact
・AQUOS sense2
・AQUOS sense plus
・AQUOS R compact
・AQUOS sense lite


ソニー
・Xperia Ace


富士通
・arrows RX


SAMSUNG
・Galaxy A7
・Galaxy S10
・Galaxy Note10+


HUAWEI
・nova 5T
・P30 lite
・nova lite3


OPPO
・Reno A
・Reno A5 2020
・Reno 10x Zoom
・AX7
・R17 Pro
・Find X


一応、自分が使っているスマートフォンが使えるのかどうか調べることができるページがつくられていますが、まだ、ほとんどの機種が動作確認中となっていいます。

network.mobile.rakuten.co.jp


SIMロックの解除が必須

多くの格安SIM、MVNOでは、ドコモの回線やAUの回線、ソフトバンクの回線を使っており、それぞれの回線に対応したスマートフォンであれば、SIMロックを解除しなくても使うことができます。

しかし、Rakuten UN-LIMITプランのSIMカードを使うには、SIMフリーのスマートフォンか、SIMロックを解除したスマートフォンが必須です。


ドコモ、AU、ソフトバンクのスマートフォンのSIMロックの解除方法は、こちらのページで解説されています。

www.nttdocomo.co.jp

www.au.com

www.softbank.jp


データSIMがない

Rakuten UN-LIMITプランには、データSIMがありません。


通話はいらないから、データ通信のみで、もっと安いプランが欲しい。という声もあがっていますが、残念ながらそういったプランはありません。


MNP転出手数料がかかる(改善済み)

楽天モバイルでは、MNPで転出する時には、MNP転出手数料がかかります。


最低利用期間は発生しません。契約解除料は発生しません。と強調されているので、解約する時はお金がかからないんだ。と思っている方も多いかもしれませんが、MNPで転出する場合は、3,300円かかるので、覚えておきましょう。


【追記】
MNP転出手数料は、かからなくなりました。

↓楽天モバイル申し込みは、公式サイトから↓

楽天モバイル

Rakuten UN-LIMITプランのメリット

次に、Rakuten UN-LIMITプランの魅力、メリットを紹介します。

楽天回線エリアではデータ使い放題

Rakuten UN-LIMITプランは、楽天回線エリア内ではデータ使い放題。というのが最大の魅力です。


1日10GB以上使うと、1Mbps程度に制限されるようなので、その点は注意が必要です。


5GBを使い切っても1Mbpsで通信できる

Rakuten UN-LIMITプランでは、楽天回線エリア外(パートナー回線エリア)では5GB/月までになっているということは、デメリットの項目で紹介しました。


ただ、その5GBを使い切っても、1Mbpsで通信をすることができるというのは、他社よりも速く、メリットといえます。


他社では、規定のデータ通信量を使い切ったら、128kbps~300kbps程度に制限されてしまいます。


国内通話がかけ放題

Rakuten UN-LIMITプランでは、Rakuten Linkアプリを使えば、国内通話がかけ放題です。


Rakuten Linkアプリを使わないと30秒20円かかるので、要注意です。


また、Rakuten Linkは、iOS向けがリリースされていないので、iPhoneでは使えません。


ポケットWifiも使い放題

楽天モバイルには、モバイルルーターも用意されており、モバイルルーターもデータ通信使い放題になります。


個人的には、モバイルルーターを買うなら、楽天Miniという小さいスマホがおすすめです。

モバイルルーター代わりに使うこともできるし、電話番号も持つことができます。


縛り(最低契約期間)、違約金がない

楽天モバイルは、いわゆる2年縛り(最低契約期間)や、短期解約違約金がありません。


いつでも解約できます。今なら、1年間無料なので、満足できなければ無料期間中に解約することもできます。


デメリットの項目で紹介しましたが、MNPする場合は、転出手数料が3,300円かかります。


1年間無料キャンペーン開催中

Rakuten UN-LIMITプランでは、先着300万人まで、1年間無料キャンペーンが開催されています。


月々2,980円のプラン料金が無料になるという、太っ腹なキャンペーンです。


今のところ、まだまだ今後数ヶ月は300万人には達しなさそうなので、しばらくキャンペーンが継続されるとみられています。



楽天モバイルでは、1年間無料キャンペーンの他に、オンライン契約で3,000ポイント還元キャンペーン、事務手数料3,300ポイント還元キャンペーン、端末と同時購入で最大14,500ポイント還元キャンペーンも開催されています。

キャンペーンについて詳しくは、こちらのページで解説しています。
rakuten-unlimit.hatenablog.com


楽天市場での買い物がお得

メリットは盛んに宣伝されているので、そんなこと知っているよ。という内容も多いかもしれませんね。



Rakuten UN-LIMITプランのメリット、デメリットを理解して、後悔しないようにしましょう。


店舗が多い

楽天モバイルショップは、全国に500店舗以上あります。


これは、格安スマホとしてはかなり多い方です。


何かわからないことがあった時、近くに店舗があると心強いですよね。


クレジットカードがなくても契約できる

楽天モバイルは、クレジットカードがなくても、口座振替で支払いをすることができます。


クレジットカードがないと契約できない会社もあるのですが、クレジットカードを持っていない人にはありがたいですね。


UN-LIMIT Ⅵの基本をおさえておこう

楽天モバイル、Rakuten UN-LIMIT Ⅵの基本をおさらいしておきましょう。

月額料金(1年間無料キャンペーン開催中)

0~1GB・・・0円
1~3GB・・・980円
3~20GB・・・1,980円
20GB~・・・2,980円

データ容量

楽天回線エリア・・・使い放題
国内パートナー回線エリア・・・5GB(超過後1Mbps)
海外・・・2GB(超過後128Kbps)

通話

Rakuten Linkアプリを使えば、国内通話かけ放題無料

アプリ未使用時は30秒20円


海外から国内への通話もRakuten Linkアプリを使えば、かけ放題無料


国内から海外、海外から海外は、Rakuten Linkアプリを使えば、月額980円でかけ放題

アプリ未使用時は国に応じて従量課金

SMS

Rakuten Linkアプリを使えば、国内も海外も使い放題無料

アプリ未使用時は、国内は70文字3円、海外は70文字100円

↓楽天モバイル申し込みは、公式サイトから↓

楽天モバイル

新プラン、アンリミット6について詳しくはこちら